袴に込められた、先人達の念い NO.1

「新しい事を始めるうえで、変えてはならないこと

   そして、時代の変化と共に進化すること」

新しい袴の研究開発を進めるうえで

正直、何度もあきらめかけた事がありました。


その度に、原点に帰り

一つ一つ、袴に問いかけるようになりました。

・袴はいつの時代に生まれたのか

・何故、袴と言う字が生まれたのか

・何故、袴がこの形になったのか

・何故、袴をはくのか

・何故、袴を創ろうとしているのか

そして、「袴」と「誇り」の違いに気付きました。

調べて、謎が解けていくことで

更に袴の魅力に引き寄せられていきました。

袴は、衣編(ころもへん)に「夸」と書きます。

衣偏を言偏(ごんべん)に変えると「誇り」と言う字になります。


この繋がりを調べていくと、袴には、先人達の念いが

織り込まれていたのです。


袴には前に5本の襞(ひだ)があり後ろに1本の襞があります。

これは、袴を身に付けられる方が、何を学ぶかによっても捉え方が違います。



KIMONOYA EIZI

「一流の人はなぜ着物を着こなすのか」を現代書林社より出版した著者のブログ

0コメント

  • 1000 / 1000